カンタン!自分の店のホームページを作ろう。

今は電話帳よりもネットで店を探す人が多い

昔は出前をしてくれる店を探す場合や、家で使っているものを修理してくれる業者を探す場合、電話帳で近所の店を見つけて電話をするというのが一般的でした。しかし、現在は電話帳自体がないという一般家庭が珍しくないため、インターネットで探す人が増えています。なので、もし店を新規オープンしたい、あるいは今よりも客を増やしたいのでなんらかの宣伝をしたいという場合は、サーバーをレンタルして店のホームページを作ってみるといいでしょう。
今までパソコンでなにか物を作ったという経験がない人にとって、ホームページを作るという作業はとても難しいように感じられるかもしれませんが、実際は数日程度、サーバーやソフトウェアの使い方を勉強すれば簡単に開設できます。

店のホームページを開設するための流れ

では、店のホームページを作るために具体的にどのようなことをすればいいのかというと、まず、掲載したい情報を紙に書き出してみましょう。たとえば、店の外観や中がわかる写真や、メニュー表、サービスの価格表といったものがあります。当然、住所や電話番号などの連絡先と、最寄り駅からどのようにアクセスすればいいのかというのがわかる地図も必要です。
次に、それをチラシ数枚に収めるようなイメージでホームページ化していきます。初心者の場合は、ホームページ作成ソフトを使うと直感的にデザインできるので簡単です。そして、サーバーを契約し、作成したHTMLファイルやCSSファイル、そして画像ファイルなどをアップロードしていきます。これだけでホームページを全世界に公開できるのです。